クリニックでプロペシアのジェネリックを処方してもらいました

薄毛の原因は男性型脱毛症

枕元に髪の毛が散らばっている薄毛の原因は男性型脱毛症プロペシアのジェネリックをお願いしたいと相談

深刻な病気だったら怖いと感じたので、まずはかかりつけの内科で診察をしてもらうことにしました。
その結果、内蔵などには問題はなく、皮膚科を受診することをすすめられたので、皮膚科で薄毛の原因をみてもらうことにしました。
そうしたら、薄毛の原因は男性型脱毛症というもので、ホルモンが原因で薄毛になっているということでした。
クリニックに行ったら治療できると思い込んでいましたが、一般病院の皮膚科では、男性型脱毛症の進行を遅らせたりするよりも、皮膚の状態を改善することが主な治療になると言われました。
そして男性型脱毛症の治療を行うときは、専門のクリニックに行ったほうがいいと教えてもらったので、男性型脱毛症をこれまでに数多く治療してきた実績がある、クリニックで診察を受けることにしました。
女性と比べて男性の方が薄毛が多い傾向がありますが、薄毛治療を専門にしているクリニックがあることを始めて知りました。
そこで診察をしてもらった結果、血液検査と薄毛の状態、進行状態を確認して、間違いなく男性型脱毛症だと診断されました。
前髪の生え際部分が少しずつ後退して、後頭部が薄くなっていくというのは、男性型脱毛症のうち、いくつかあるパターンの1つだということでした。
治療方法として、体質に合った治療薬を服用することが簡単な方法だということで、最初はプロペシアという薬を処方してもらうことになりました。
継続して使用して、自分の体質に合ったかどうかを通院して確認し、合っている場合は継続して量を増やすこともあるということでした。
ただ体質に合わない場合や効果が見られない場合は、他の治療薬を併用するか、切り替えるという説明を受けました。
実際にプロペシアを服用して薄毛を改善した患者さんの例を見せてもらえたので、改善に期待ができるのではないかと考えるようになりました。